アフィリエイトのキーワード数は意識すべきじゃない?狙ったキーワードで上位表示するコツ

アフィリエイトのキーワード数は意識すべきじゃない?狙ったキーワードで上位表示するコツ アフィリエイト
アフィリエイトのキーワード数は意識すべきじゃない?狙ったキーワードで上位表示するコツ

アフィリエイトで検索上位を目指す際には、必ずキーワードを設定するでしょう。

どのキーワードで上位表示を目指すのかが決まっていなければ、成果が出たのかわかりません。

そのため、事前にキーワードを設定しますが、そのキーワードを記事内に何回記載するのかは、人によって意見が異なると思います。

この記事では、狙ったキーワードで上位表示をするための方法をお話したいと思います。

アフィリエイトでキーワード数は関係ある?

いきなり本題ですが、アフィリエイトにおいて狙ったキーワードのキーワード数は検索上位表示と関係があるのでしょうか。

「関係はある」

というのが現状の答えだと考えています。

一昔前は、同じ単語を何度も連続で記載するというブラックSEOが人気でした。

しかし、現在そのような手法はGoogleに悪サイトとして認知されるようになっています。

それ自体は、キーワード数が検索結果に影響することの裏付けとなっているでしょう。

今でも意識している人は多い

私自身は、ライターとしてもビジネス展開しており、その際他社様の検索上位記事を狙う記事を書かせていただいております。

その際、会社ごとに記事ルールがあり、それに沿って書く必要があるのですが、多くの会社で
「〇〇のキーワード数を1記事で15回以上」という様に指定されます。

ということは、記事の中でのキーワード数を意識しているという証拠でしょう。

基本はタイトルに入れ、本文でも数回から20回程度

記事の長さやテイストにもよりますが、基本的には狙ったキーワードは、記事タイトルとディスクリプションに加え、各章のタイトルと本文中に散らして入れます。

本当に大切なキーワードであれば、それだけ話の中で出てくるはずですから。

ただし、多すぎるとスパム判定を受ける可能性もあるため、2000字程度の文章であれば、5回から10回程度を目安にキーワードを入れていくのが良いでしょう。

各文章を邪魔する様な入れ方はしない

上記のように数をキーワード数の目安の話をすると、無理にでもキーワードを入れようとする人が多いです。

特に章のタイトルで入れるようなサイトがありますが、これは個人的におすすめできません。

ユーザーとして見た時に感じる人もいると思いますが、毎回キーワードを入れた結果、周りくど説明になっていたり、意味のない文章が増えるケースがあります。

同じ内容を伝えるのであれば、長い文章よりも短い文章の方がメリットが大きいです。

しかし、キーワード数を意識しすぎている人は、文章が長く読みにくい記事が完成します。

確かに、短期的に見れば検索上位になる可能性はあるでしょう。

しかし、単に文章のキーワードだけを見て検索順位が決まるのではなく、ユーザーの行動自体も評価対象になると言われています。

読みにくい文章や、無駄に長い文章は、ユーザーの行動としても離脱率などの数字に出てきます。

それによって長期的に見た時に検索上位に表示されなくなる可能性があります。

ですので、キーワード数を意識しながらも、違和感のある文章になるようであれば、無理に入れるような事は止めましょう。

アフィリエイトではキーワード数よりもキーワードの配置と興味付けの方が大切

アフィリエイトの基本は、
「ユーザーに価値のあるコンテンツを提供する」ということです。

これが基本であり、奥義でもあります。

その上で、タイトルや章で大切になってくるのは、キーワード数自体ではなく
「配置と興味付け」
だと考えています。

配置というのは、狙ったキーワードを記載する場所です。

基本的に後ろにある単語よりも前にある単語が大切だと認識されると言われています。

例えば、
「アフィリエイト 副業」
という検索キーワードを狙ったタイトルとしては、

「【永久保存版】本当に稼げる副業は?物販?仮想通貨?それともアフィリエイト?」

という記事タイトルよりも

「アフィリエイトは副業で稼げる?本気で稼ぐためのアフィリエイト最新手法」

の方が、「アフィリエイト 副業」というキーワードで見た時に良いと考えられます。

もちろん、単純にタイトルだけで順位が決まるわけではありませんので、他の要素が悪ければ、前者が後者を上回る可能性も十分にあります。

次に、興味付けですが、これは先程の例の

【永久保存版】

などの目を引く単語になります。

その単語を見れば、
「ちょっと見てみようかな」
とユーザーが思う様な単語や言い回しです。

よくあるのは、
「〇〇するためのたった1つの方法」
「〇〇するなら△△は止めろ!!」
「たった〇〇だけで出来る?魔法の手法」
などのような表現方法です。

サイトのテイストや内容によっては使えないケースも多いと思いますが、ユーザーに興味を持って読んでもらうことは非常に重要です。

アフィリエイトのキーワード数まとめ

今回は、アフィリエイトにおいて、狙ったキーワードで上位表示させるために必要なキーワード数などのお話をしてきました。

アフィリエイトの基本は、ユーザーへの価値提供です。

そのため、単純にテクニックだけで検索上位を目指すのはおすすめできませんが、しっかりと情報提供を継続すれば、必ず結果が出るとも限りません。

基本的なテクニックの部分を抑えた上で、しっかりと価値提供をすることで効率的に収入を得ることが可能になるでしょう。

当サイトでは、アフィリエイトの基本から、他の副業までしっかりと情報提供しています。

是非他の記事も参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました