アフィリエイト用の記事の文字数は最低何文字?長ければ良い?

アフィリエイト用の記事の文字数は最低何文字?長ければ良い? アフィリエイト
アフィリエイト用の記事の文字数は最低何文字?長ければ良い?

アフィリエイトをする人にとって、記事は非常に大切なものです。

しかし、多くの人がこの記事の書き方に迷っているのではないでしょうか。

今回は、そんな人のために
「アフィリエイト用の記事は文字数を最低何文字以上にするべきなのか」
ということについてお話したいと思います。

アフィリエイト記事の文字数目安は1000字から2000字以上

これは、私が多くのメディアからライターとして依頼される文字数の目安になります。

現状多くの企業がそれくらいの文字数がなければ、上位表示は難しいと判断しているのでしょう。

確かに、どのような内容であっても、1000字以上の記事を書くことは出来ます。

また、記事にある程度の文章量があることで、SEO的には単語数が多くなるため、予想外のアクセスが期待できるケースも多いです。

そのため、少なくとも1000字を書くことを目標にしましょう。

長ければ良いというものでもない

ただし、この時に注意しなければならないのは
「長ければ良いというものではない」
という事です。

例えば、同じことを何回も繰り返すような記事。

こういった記事は、読んでいるユーザーにとっては、非常に読みにくいですよね。

そのため、長期的に見た時にアクセス数が下がってしまう可能性が高いでしょう。

また、図や表にすればすぐに伝わるような内容を、敢えて文章で長々と書いてしまうと、同じくユーザーの利便性が下がります。

Googleの理念としては
「常にユーザーに最良のコンテンツを提供する」ということが目的です。

そのためのSEOであり、検索エンジンになります。

ということは、しっかりと伝えるべき内容が伝わるのであれば、文章自体は短くても大丈夫だということになります。

因みに、私はプログラミングについて調べることが多いのですが、専門的な内容且つ、非常にピンポイントな疑問を調べた時に、おそらく500字程度の内容だったのですが、検索順位の1番目に出てくる事がよくあります。

これは、端的に必要な情報が網羅されているとGoogleに判断されているからこそ、検索上位に上がっていると考えられます。

このように、文章が短かったとしても、しっかりとユーザーにとって必要な内容が伝われば、極端な話文章の量は関係ないと考えられます。

基本は1記事1テーマ

文章量に関係してくるのが、
「記事のテーマ」
です。

多くの人は、Googleのキーワードプランナーなどのツールを使い、記事のテーマを決めているのではないでしょうか。

この時に、
「アフィリエイト タイトル」
と検索している人は、アフィリエイト用の記事のタイトルをどのようにつければ良いのかが知りたいと考えられます。

一方で、
「アフィリエイト 稼ぎ方」
などのような検索で来る人は、全般的な稼ぎ方を探している可能性が高いでしょう。

しかし、これらが一緒の記事に入っていると、どちらのユーザーにとっても、
「自分の欲しい情報がどこに書かれているのかわからない」という事になりかねません。

そうならないように、基本的には1記事1テーマで文章を作りましょう。

章毎に500字以上になるような構成を

SEOを意識した文章作りをするのであれば、章の構成も非常に重要です。

これは、個人的にも意識していて、ある程度効果があると感じているのですが、各章の文章量は、少なくとも500字以上になるような構成にすると、読みやすくなります。

章は、「h2」タグのことで、その中でテーマや内容を細分化する際に「h3」タグを使うと思いますが、もしもh2タグの文字量が少なくなりそうなら、その内容をh3タグにして、他のh3タグとまとめてh2タグ内として500字以上になるように構成すると良いでしょう。

アフィリエイト記事の文字数はテーマや内容によって大きく変わる

アフィリエイトにおける文字数は、基本的にテーマや内容によって大きく変わります。

内容的に、文字よりも画像の方が伝わりやすいというケースも多いです。

例えば、旅行の記事などでは、文章で全てを伝えるよりも、現地の写真などを交えながらエピソードを語る方が、読んでいる方も楽しめるでしょう。

また、商品の詳細を説明する場合や、動物などの説明をする際にも、画像や動画の方が伝わりやすい内容というのが存在します。

そういった場合、記事の文字数自体は少なくても、コンテンツとしての質は高いものになりますので、文字数は気にしなくても大丈夫でしょう。

アフィリエイト記事の文字数を増やすためのテクニック

とは言うものの、ある程度の文字数がなければ、単語の数も少なくなりますし、コンテンツとしての質が低くなる可能性も十分にあります。

ここでは、
「自分のコンテンツが何となく薄っぺらい」と感じている人のために、どのようにすれば記事に厚みをもたせられるのかを説明していきます。

例題を出す

最も簡単な方法は、例題を出すことです。

この記事も、ここまでで2回例題を出しています。

例題を出すことで、その内容をより具体的に表現できます。

例題を作るコツとしては、読んでいる人の多くが共感できるような内容にすること。

読んでいる人の層を意識し、男性が読む可能性の高い記事なら男性が共感しやすいもの。

女性が読んでいる可能性が高いなら、女性が共感しやすいものを選びましょう。

男性が化粧の例題を出されてもわからないでしょうし、女性がプラモデルなどの話をされてもわからないように、例題もできるだけ読んでいる人がわかりやすい話を選んであげるのが良いでしょう。

同業他社商品との比較をする

記事の内容に困った時に使える方法として、
「同業他社商品と比較する」
という方法があります。

例えばこの記事であれば、アフィリエイト用の記事の文字数について書いていますが、仮に同業他社と比較するなら
「自分のサイトのテーマの検索順位上位の人のサイトの文字数」
「検索上位の画像枚数」
などを例に上げると、記事の内容がより深くなる可能性があります。

ディテールを説明する

サービスや商品などには、様々な機能や背景があると思います。

そういったディティールの部分を説明していくと、文章量は自然に多くなります。

商品であれば、大きさや匂い、手触りや重量感など様々なポイントについて説明することが出来ますし、サービスであれば、実際に体験したものであれば接客態度や店の印象、設備の新しさなどについて触れることで、より多くの情報が伝えられるでしょう。

アフィリエイト用の記事の文字数まとめ

今回は、アフィリエイト用の記事にはどのくらいの文字数が必要なのかについて説明してきました。

この記事自体も2500字から3000字程度の文字量がありますが、無駄な内容や重複する内容は殆どないでしょう。

しっかりと見出しと小見出しを作っていくことで、文章量が長くても読みやすい文章は作れます。

是非参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました