タイムライフビジネスは見るからに怪しい!仕事内容や口コミの信用できない!

タイムライフビジネスは見るからに怪しい!仕事内容や口コミの信用できない! インターネットビジネス
タイムライフビジネスは見るからに怪しい!仕事内容や口コミの信用できない!

今の時代は、誰もが副業を探していると思いますが、インターネットビジネスの業界は詐欺が多いことで有名です。

一見すると「こんな稼ぎ方ができるなら人生変わるかもしれない」と思わせるような内容も多いですが、詳細を見ていくとどうしてもつじつまが合わないことがたくさん出てきます。

そういった商材を購入してしまった人の多くが金銭的な損失や、時間的な損失、そして精神的ダメージを負うことになります。

今回は、タイムライフビジネスという副業について見ていきます。

このタイムライフビジネスは、「検索やタップ」で収入が得られるそうですが、本当なのでしょうか。

タイムライフビジネスとは

タイムライフビジネスとは

タイムライフビジネスとは

まずは、タイムライフビジネスという副業がどのようなものかをお話しましょう。

タイムライフビジネスには、次のような特徴があるようです。

  • 検索やタップで稼ぐ副業
  • 目標は月収1万円から700万円
  • 最大20万円の特典をプレゼント
  • スキマ時間でもできる副業

これだけ見ると、非常に魅力的な副業ですよね。

私自身も、検索やタップをするだけで月収700万円ももらえるのであれば、挑戦したいくらいです。

しかし、このタイムライフビジネスは、内容的に怪しい部分が多いため、次項では怪しいと感じられるポイントを説明していきましょう。

タイムライフビジネスは絶対おすすめできない!その理由は?

タイムライフビジネスは絶対おすすめできない!その理由は?

タイムライフビジネスは絶対おすすめできない!その理由は?

私は、このタイムライフビジネスという副業は、信用できないと考えています。

その理由をいくつか挙げていきます。

会社が海外にある

1つ目のポイントが、会社情報です。

特定商取引法に基づく表記には、次のような記載があります。

販売社名
Master HK TRADING LIMITED

運営責任者
PANG WAILING

所在地
NO 46-C RKT/12/C/323,HOI PONG ROAD W,LEI YUE MUN,KOWLOON,HONG KONG SAR HK

電話番号
03-4570-1230

メールアドレス
midfielder@time-catcher.net

営業時間
10時~20時(土日祝日休業)

表現及び商品に関する注意書き
本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。

退会方法
midfielder@time-catcher.net退会希望の際はこちらにご連絡下さい

実はこのタイムライフビジネスというビジネスの会社は、香港に住所があります。

その時点で怪しさを感じますが、海外に会社や住所があるように見せているのには、理由があると思います。

これは個人的な予想ですが、このタイムライフビジネスの運営会社は日本の電話番号を用意していますが、おそらく電話代行会社などを利用しているか、すぐに解約できる様に用意をしていると思います。

多くのインターネットビジネスでは、同じ様に住所もバーチャルオフィスやなどを利用している運営会社もありますが、住所を検索するとバーチャルオフィスであることがバレてしまいます。

だからこそ海外法人であるかのように見せているのではないでしょうか。

流石に、海外の法人まで本物かをしっかりとチェックしているような人はいないと予想しているのでしょう。

ビジネスモデルが怪しすぎる

このタイムライフビジネスでは、「検索とタップ」が収入になるという記載がされていますが、それ以上のビジネスの説明がありません。

通常、インターネットビジネスとは言え、きちんとした方法で稼ぐのであれば、その方法をしっかりと説明できるはずです。

例えば

  • 物販/転売
  • アフィリエイト
  • MLM
  • FX
  • 仮想通貨

こういったビジネスモデルを公開するのは、商材を販売する側としては、何の問題もありません。

それを隠して無料登録をさせようとする理由は
「業界自体が非常に印象の悪いもの」
「商材に突出したものが無い、もしくは稼げない」
という可能性が高いでしょう。

確かに、具体的なノウハウを公開してしまうと、運営会社としてはデメリットもあるでしょうが、販売者の責任として少なくともビジネスモデルは公開するべきなのではないかと考えています。

タップや検索にそれほどの金額を生み出す価値は無い

「検索やタップ」
が収益になるビジネスモデルは確かに存在します。

アンケートモニターや市場リサーチなどです。

しかし、これらのビジネスモデルは誰にでもできる一方で、収益としては非常に少ないのが一般的です。

5分から10分程度かかるアンケートで、100円程度もらえれば多い方で、時給換算すると基本的には最低賃金を下回ります。

これは、仕事やビジネスの基本とも言えますが、
「誰にでも出来て、努力の必要ない仕事は賃金が安い」のです。

それは、インターネットビジネスでも同様のことが言えます。

ですので、「検索やタップ」が最大月収700万円という大きな金額を生む仕組みなど無いと考えるのが自然でしょう。

高い費用を支払う必要性があると思われる

このタイムライフビジネスは、無料のLINE登録を促されると思いますが、最終的にはそのLINEから商材を販売されると思います。

一般的なインターネットビジネスの相場は、30万円から100万円ほどになっており、正直それだけの必要をかけて副業をスタートするなら、他のビジネスをいくつか挑戦する方が稼げると思います。

仮に「今だけ9800円」などのように安い金額で提示されたとしても、注意が必要です。

最近インターネットビジネスの商材で多いのですが、9800円で商材を購入すると、基本的なマニュアルだけが送られてきます。

そして、それを実際に使って稼ぐためには、別のツールを購入する必要があるなどの連絡が来ます。

そのツールに、数十万円という資金が必要になることも多いです。

人間の心理的に一度安い金額でも購入してしまうと
「折角お金を払ったのが無駄になるくらいなら、稼げるまでやろう」と考えて、追加で支払いをしてしまうのです。

もしも既に購入してしまっていたらどうすれば良い?

では、既に購入してしまって、実際にタイムライフビジネスをスタートしたのに、

  • どこにでも載っているような無料情報の寄せ集め
  • ツールが送られてこない
  • 運営会社と連絡が取れない

このような状態になったら、どうしたら良いのでしょうか。

まずは、運営会社にメールで返金を求めてください。

メールで送る際に、きちんと理由を記載して送信するのがコツです。

電話ではなくメールにする理由は、履歴を残すためです。

その上で、消費者センターに電話します。

消費者センターは、怪しい商材の場合には動いてくれる可能性が高く、消費者センターから運営会社に直接やり取りをしてくれます。

因みに、この時に状況を説明するために、メール文章などの履歴を送る必要があります。

また、クレジットカードで支払いを行った人は、消費者センターからクレジットカード会社に連絡してもらい、決済を止めることもできる可能性があります。

過去に私自身が騙された時には、決済代行会社に消費者センターから連絡してもらいました。

タイムライフビジネスまとめ

今回は、タイムライフビジネスという副業についてその仕事内容などを見てきました。

正直、あまりおすすめできる商材ではなく、稼げない可能性が高いと感じています。

副業をする際には、

  • 能力が必要
  • 努力が必要

なものの方が、長期的に見た場合稼ぎやすいと考えられます。

個人的にはアフィリエイトが最もおすすめの副業ですので、是非学んで欲しいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました