不労所得とは?いくらあれば良いの?どうすれば手に入る?

不労所得とは?いくらあれば良いの?どうすれば手に入る? アフィリエイト
不労所得とは?いくらあれば良いの?どうすれば手に入る?

収入の得方には色々なものがあります。

サラリーマンとして給与所得をもらうことも出来ますし、銀行に預けたお金が金利で増えるという方法もあります。

どのような収入の得方をするのかで、人生は大きく変わってきます。

今回は、「不労所得」についてお話していきます。

この不労所得はどのような収入の得方で、いくら位あれば良いのか、またそれを得るための方法はどのようなものがあるのかを説明していきます。

不労所得とは

では、不労所得とはどのような収入の得方なのでしょうか。

不労所得は働かずに得られる収入

不労所得とは、自分が働かずに入ってくるような収入になります。

例えば、冒頭で少し出てきた銀行の利子。

年間1%にも満たない収入ですので、それだけで生活するのは難しいですが、これも1つの不労所得です。

不労所得はいくらあれば良い?

不労所得は、いくらくらいあれば良いものなのでしょうか。

それは、人によって異なります。

一般的に目指すべき不労所得の金額は、自分の収入を不労所得による収入が上回るくらいの金額だと言われています。

投資やお金に関する書籍として有名な
「金持ち父さん・貧乏父さん」
というシリーズがありますが、この中では、不労所得以外の収入(例えば給与所得)による収入が支出を上回る人を「ラットレース」と読んでいます。

ネズミが滑車を回っている様子を表しており、毎月いくら稼いでも結局クレジットカードの支払いなどにお金が消えてしまう状態です。

反対に、不労所得の金額が支出を超えると、「ファーストトラック」と表現され、自由な人生を生きることが出来るという1つの指標にしています。

この定義に従うと、現在の支出が少ない人は、不労所得の金額が少なかったとしても、自由な人生を歩めるようになり、支出が多い人ほどたくさんの不労所得がなければ、お金から自由になれないことになります。

もしも今日ゲガや病気をしたら・・・

不労所得を得る上で考えてほしいのが、
「もしも今日から働くことができなくなったら・・・」
という事です。

あなたが不労所得を得ていない状態であれば、もしも今日ケガや病気になったとすると、収入は今日からありません。

有給休暇は存在するでしょうが、数日から1ヶ月程度でなくなってしまうでしょう。

では、その後の収入は?

入ってこないでしょうから、徐々に貯金を切り崩して生活をするしかありません。

一方で不労所得があれば、少なからず収入が入ってきますから、貯金を切り崩すよりも安全に生活できるでしょう。

生活費よりも多くの不労所得があれば、一生働かなくても生活が出来るということですから、経済的に自由になれるのです。

不労所得を得る方法例

では、不労所得を得るためにはどのような方法があるのでしょうか。

金利

銀行預金では、前述したように1%にも満たない利率ですが利子が付きます。

そのため、1つの不労所得を得るための方法ではあります。

投資

副業として投資を検討している人は多いと思いますが、投資の多くが不労所得です。

最初は勉強する必要性や失敗もあると思いますが、軌道に乗ってくれば、「お金がお金を生む仕組み」ですので、不労所得になる可能性が高いです。

わかりやすいのは不動産投資でしょう。

大家さんは、管理会社に手数料を払い、仲介業者に仲介手数料を渡せば、ほとんど何もせずに毎月家賃が入ってきます。

ビジネスを人に任せる

ビジネスを人に任せて、自分はオーナーとして働くことで不労所得を作ることも出来ます。

例えば、カフェは店長や店員を雇っていますが、実際にお店を所有しているのはオーナーです。

売上の中から店長や店員の給料を支払い、その残りが働かなくても入ってきます。

オーナービジネスはあらゆる業種で可能ですので、不労所得を得る方法としてはかなりスタンダードと言えるでしょう。

アフィリエイトも不労所得を得るための方法

私がおすすめしているアフィリエイトも、不労所得を得るための1つの方法です。

自分でサイトの記事を書いても良いですし、ネット上でライターを募集してスタートしても良いでしょう。

アフィリエイトは、アクセス数が集まるまでは、自分の労力を割いたり、ライターに支払う費用が赤字になるなどもありますが、長期的に見ればかなり有力な不労所得を得る方法です。

不労所得とは?まとめ

今回は、不労所得とはどのような収入方法なのかや、どうやって不労所得を作れば良いのかというお話をしてきました。

不労所得が入るようになれば、人生は大きく変わってきます。

それがたとえ数万円だったとしても、不労所得であれば本業以外の収入として非常に魅力的でしょう。

個人的にはアフィリエイトが不労所得を得るための方法として、非常に魅力的だと思いますので、是非アフィリエイトに挑戦して欲しいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました