副業・副収入で初心者におすすめ!実際にやってみた副業3選

副業・副収入で初心者におすすめ!実際にやってみた副業3選 副業コラム
副業・副収入で初心者におすすめ!実際にやってみた副業3選

副業には色々な種類のものがあります。

どのような副業を選ぶのかで収入は大幅に変わってきます。

また、自分に合った副業を選ぶことで、

  • ストレスが少ない状態で副業ができる
  • 成長に繋がる
  • スキルを磨くことができる

などのメリットもあります。

今回は、私自身が実際にやってきた副業の中で、私の性格や特性を説明した上で、それに近い人向けのおすすめの副業を紹介したいと思います。

私の副業・副収入を得る上での性格

私の副業・副収入を得る上での性格

私の副業・副収入を得る上での性格

では、私が副業を選ぶ際に考えていたことや、性格をお話したいと思います。

基本的には長期的な思考と悲観的な思考を持っている

私自身の性格は、現実主義者で物事を割と悲観的に見てしまう傾向があります。

副業を選ぶ際には
「このビジネスは先行き大丈夫なのだろうか」
などと不必要に先のことを考えてしまう傾向があります。

例えば、ユーチューバーなどに関しても
「素人の企画よりも既にファンを抱えたアイドルなどが参入すれば、圧倒的に不利になる」
と考えていました。

実際、本田翼のゲーム実況はかなり話題になりましたし、芸人さんもどんどんと自分のチャンネルを持つようになってきました。

そういった人たちと勝負するのは不利だと、挑戦していないにもかかわらず考えてしまうくらい、悲観的な思考をしています。

また、短期的に物事を考えるのが苦手で
「今だけ稼げれば良い」
というテクニック的な副業に関しては、いくつか挑戦してきましたが、気持ちが乗っていませんでした。

売り込みやプレゼンは苦手

次に、商品やサービスを売り込むということが苦手です。

自分が本当に良いと思った商品を友達やお客さんに説明することはできると思いますが、そもそもあまり商品を良いと思った経験がありません。

どの業界のどのような商品であっても、あまり違いがわからないので、勧めるのが苦手です。

人見知りでコミュニケーションは苦手

私は人見知りで、コミュニケーションを上手く取れないことが多いです。

そもそも他人にあまり興味がないので、相手に対して質問が思いつかないなど、初対面であれば話題作りに四苦八苦します。

思ってないことを言うのも苦手なので、お世辞が下手ということもあり、ビジネス的に良い交流を持てないタイプです。

そのため、出来ればネット上で完結するような物を考えていました。

正直、「起業家」といったイメージとはかけ離れた性格をしていると思います。

その上で、性格が似ていたり、目指すものが近い人に向いている副業を次項から説明していきます。

おすすめの副業・副収入1:アフィリエイト

おすすめの副業・副収入1:アフィリエイト

おすすめの副業・副収入1:アフィリエイト

このサイトでもおすすめしていますが、自分自身がやってきた副業の中で最も良いと感じているのが、アフィリエイトです。

アフィリエイトの詳細な説明はこちらの記事に譲りますが、

アフィリエイトとは?初心者向け?副業では稼げない?
多くの副業が存在しますが、それでも継続的に副収入を得ることが出来ている人は少数派でしょう。そんな中で、アフィリエイトと言う副業はどのような特徴があり、それは稼げる副業なのでしょうか?

アフィリエイトとは、簡単に説明すると自分でサイトやブログを作って、広告を貼ることによる広告収入を得る副業の方法になります。

副業としてのアフィリエイトが最も魅力的なのは、

「自分で自分のメディアを育てる」

という点です。

多くの副業は、基本的に単発的な収益を継続的に続けていくような収入の入り方をします。

その分、結果は出やすいものの、常に作業をし続けなければ収入がなくなります。

一方でこのアフィリエイトは、ある程度記事を書くまでは、サイトにアクセスが集まりません。

そのため、最初のうちはほとんど収入が無いケースが多いです。

実質、アフィリエイトをやっている人の9割以上は、月に1万円以上の収益を生んでいないというデータもあります。

しかし、このアフィリエイトはサイト自体が徐々に育っていくので、軌道に乗ればその後は作業をほとんどしなくても収益を得られる様な仕組みになります。

実際、私が過去に作ったサイトも、既に数年間は触っていませんが、定期的に収益が発生しています。

多くの人が失敗するポイントなどは、別の機会にご紹介しますが、やり方を間違えなければきちんと成果が出るのがアフィリエイトです。

もちろん、作業は面倒です。

記事を書くのは、私自身今でも高い集中力が必要になります。

そのため、仕事で疲れ切っている状態で作業が継続にできるかがキーになるわけですが、それでも頑張るだけの価値があると考えています。

おすすめの副業・副収入2:ライター

おすすめの副業・副収入2:ライター

おすすめの副業・副収入2:ライター

元々私がアフィリエイトを始めるきっかけになったのが、ライターという仕事です。

ライターは、雑誌に掲載するようなライターとサイトなどの記事を作るWEBライターなどに分かれますが、私自身はWEBライターです。

ライターのメリットとしては、そのサイトが結果が出ても出なくても収益が出るという点で、私自身がサイトで上位表示をするための土台を作った副業とも言えます。

アフィリエイトでは、サイトを上位表示させることができるかがポイントです。

しかし、最初の頃は書き方もわかりませんし、タイピングにも時間がかかります。

ですので、ライターの仕事を通して、アフィリエイトの基礎力をつけてきたというイメージです。

ライターは、1文字あたり1円程度の収入をもらっていました。

サラリーマンとして働きながら、月に40万字ほどを書いている月もあったので、副業としてはかなり成功したと感じていました。

ですが、ライターの仕事というのは依頼主にある程度左右されます。

案件がない時期もあるため、安定的な収益を作るのが難しい。

だからこそ、アフィリエイトに移行したのです。

おすすめの副業・副収入3:物販/転売

おすすめの副業・副収入3:物販/転売

おすすめの副業・副収入3:物販/転売

副業の中でも非常に人気なのが物販や転売と呼ばれる副業です。

商品を仕入れてきて、ネット上で販売する。

色々な方法がありますが、私はアマゾンで仕入れた商品をヤフーショッピングとメルカリで販売していました。

短期的に収益が上がりやすい物販は、正直短期的に見るならかなり稼がせてもらいました。

こちらも副業でやっていた時期は、サラリーマン以外の収入として30万円ほどを稼いでいたと思います。

しかし、この物販を辞めた理由は
「稼げるけど、自分で何も価値を生み出していない」という事です。

確かに副業としての収入はありました。

ですが、他人が作った商品を買って、そのまま別の人に売る。

これって、仕事として何の意味があるんだろう・・・と思ってしまったのです。

また、売れると思って多量に仕入れた商品が、価格競争で赤字販売せざるを得なくなったなど、色々とビジネスを経験させてもらいました。

その結果「在庫を保有するビジネスはもっとしっかりと準備をしたり、戦略を立ててやるべきだった」と考えています。

在庫を持たない無在庫転売もしていましたが、最終的には「仕入れ資金を使わなくても良い、一時的にでも赤字にならないビジネス」を模索した結果、前述したライターという稼ぎ方にたどり着いたのです。

しかし、結果が出やすく、稼ぎやすいのも事実です。

そのため、今回3つ目のおすすめとして挙げさせていただきました。

おすすめの副業・副収入まとめ

今回は、個人的に実践してきた副業・副収入について、その中でも私と似ているタイプの人におすすめの副業を紹介してきました。

副業の選び方には色々な基準があると思いますが、私自身の基準もどんどんと変化しており、

稼ぎやすさ → 赤字リスクのない副業 → 長期的に安定した収益を確保できる

という基準で現在アフィリエイトにたどり着いています。

あなたと私では、知識や過去の経験、スキルなどが違いますので、全て同じ様に稼げるとは限りませんが、このサイトをしっかりと読み込んでもらえれば、アフィリエイトで月数万円から数十万円という収益を安定的に上げられる様になるかと思いますので、是非実践してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました