横行する副業詐欺!騙されないために確認すべき7つのポイント

横行する副業詐欺!騙されないために確認すべき7つのポイント その他の副業
横行する副業詐欺!騙されないために確認すべき7つのポイント

現在、インターネットビジネスの商材が非常にたくさんありますが、その殆どは詐欺だと言われています。

折角収入を作ろうと思って商材を購入したのに、結局収入を得られるどころか、大きな赤字になってしまっている人も多いのではないでしょうか。

私自身が様々な詐欺商材を見てきた経験から、副業詐欺に共通するポイントや詐欺にあわないために確認しておきたい情報を確認してきたいと思います。

今購入するかを検討している商材がある人は、是非まずこの記事を見てから購入を検討してみて欲しいと思います。

副業詐欺に合わないためにもチェックしておきたい7つのポイント

では、早速ですが、副業詐欺にあわないためにチェックするべきポイントについてお話していきましょう。

特定商取引法に基づく表記

まずは、特定商取引法に基づく表記です。

特定商取引法に基づく表記というのは、インターネットでの商品の販売に対して、住所や電話番号などを明記する必要があるという法律になります。

最も危険なのが
「特定商取引法に基づく表記自体が無いサイト」になります。

これは、確実に副業詐欺ですので、絶対に購入してはいけません。

さらに、会社名・代表者名・電話番号・住所など1つでも情報が抜けていれば、危険な会社と判断できます。

販売する側は、当然ですが特定商取引法に基づく表記を知っていると思いますし、その上で記載していないのは、悪意があって意図的に表示していない可能性が高いです。

運営会社の住所や電話番号

運営会社の住所や電話番号が明記されているからと言って、安心してはいけません。

最近は、バーチャルオフィスの住所や電話代行サービスの電話番号を記載している会社が非常に多く、単に表示されているだけでは判断が出来ないのです。

住所に関しては、検索してみてきちんとしたオフィスである事が最低限必要です。

仮にバーチャルオフィスのサイトが出てきたり、他の会社が出てくれば危険です。

副業詐欺の商材は、名前や会社名を変えて何度も販売している可能性があり、同じ住所で色々な商材がヒットすることもあるのです。

電話番号に関しては、携帯電話は論外です。

更に、所在地が大阪なのに「03-」で始まる東京の番号になっているなどは、電話代行サービスを使用している可能性が非常に高いです。

しかし、それ以上に調べる方法はありませんので注意しましょう。

電話番号や住所は、

こちらが国税庁のサイトになりますが、ここから法人名を検索して、その住所や電話番号と一致するのかも確認しておきましょう。

この時、会社名が短期間で何度も変更されている場合などは、休眠会社を安く買い取って悪用するという可能性もありますので、しっかりとチェックしておく必要があります。

設立してから間もない会社も、副業詐欺の会社には多いです。

ですので、少なくともきちんと5年ほどは経営している会社の方が安心できるでしょう。

支払い方法

支払い方法に関して、私自身も経験があったのが
「聞いたことのない支払い代行サービスを使用しなければならなかった」
というパターンです。

これは、恐らく支払いに関して他の会社を挟む事で、お金の流れをわかりにくくしたり、善意の第三者を挟むことで責任の所在がわかりにくくするなどの効果を狙ったものなのだと思います。

ペイパルなどの有名な代行サービスを使用せず、聞いたことのない代行サービスを使用している場合には、その会社に事故歴があるか、悪意があると考えて良いでしょう。

ビジネスモデル

インターネットビジネスの中には、ビジネスモデルなどを公開せずに販売している商材がありますが、これは論外です。

どんな副業であっても

  • 物販/転売
  • アフィリエイト
  • FX

などのビジネスモデルがあるはずです。

それを公表しない理由は、「商材の中身がない」という可能性が高いです。

商材としての中身が無いから、ビジネスモデルを紹介してしまうと、それ以上説明することがなくなります。

そのため、出来るだけ販売ページでは詳細を伝えないのです。

こういった商材は確実に詐欺商材ですので、購入するのは止めましょう。

大袈裟な結果や宣伝文句

基本的に詐欺商材は、大げさな宣伝文句や結果を提示してきます。

「何もせずに月収100万円」

などのようなものです。

普通に考えればそんな事ありえないのですが、色々な情報を提供されると
「もしかしたら可能なのかもしれない」
と思ってしまうのは、心理学的にも証明されています。

また、後述しますが基本的にこういった宣伝文句というのは
「楽して稼ぎたい」
という気持ちにつけこんだものです。

楽して稼ぎたいと思っている人からすると、
「本当にそんな方法が存在するならやってみたい・・・」
と考えてしまうのです。

大げさな宣伝文句を掲げている商材には注意しておきましょう。

返金保証

返金保証を出している商材はかなり危険だと思っています。

「返金してくれるならむしろ安全じゃないの?」

と考える人も多いと思いますが、本当に良い商品だった場合、そんな事をしなくてもしっかりと商材の情報を伝えればその価値をユーザーは感じ取れるはずです。

それが出来ないからこそ、返金保証を行っているのです。

また、この返金保証は、全額と書いていながら、全額ではないケースがほとんどです。

例えば、

  • マニュアル代1万円
  • ツール費用30万円
  • サポート費用10万円

で合計41万円支払っている場合、全額返金保証と書かれているのに、マニュアル代の1万円だけが返金されるといった形です。

販売業者の言い分としては、
「マニュアル代は全額返金した」という理屈のようですが、ユーザーとしては納得できない結果ですよね?

そうならないためにも、何に対しての全額返金かをしっかりとチェックしてからスタートする必要があります。

また、中には返金に条件があり
「1日3時間以上を続け、全ての証拠を画像として運営会社に提出する必要がある」
といった、普通に考えれば無理な条件を提示している会社もあり、その結果

「条件を満たしていないので返金には応じられません」

となるのです。

このように、返金トラブルは非常に多いので、返金制度を利用したいと考えているのであれば、その条件や範囲などをしっかりとチェックし、画像として残しておくことを推奨します。

無料登録

最近のインターネットビジネスの商材は、その多くが無料のLINE登録を勧めてきます。

悪徳な場合には、あたかも副業全体で無料かのように見せかけ、実際に無料なのは「LINE登録だけ」というものも存在します。

LINEの登録自体は、すぐにでもブロックできるので、問題は無いと思いますが、こういった表現をしている会社自体が「騙そうとしている」という意図が見えますので、購入することは推奨できません。

副業詐欺に合わないために注意しておく事

副業詐欺の商材の特徴を挙げてきましたが、副業詐欺にあわないために注意してほしい事について触れていきたいと思います。

そもそも楽に稼げる方法など存在しない

どんな副業であっても、楽に稼げる方法など存在しません。

「最初は大変だけど、徐々に仕組化していくことで作業は楽になる」

これならわかります。

実際、私が教えているアフィリエイトに関しても最初の記事更新は非常に大変です。

しかし、それが軌道に乗り、検索されるようになってくると、作業自体はかなり楽になりますし、時間単価での収入は大きく上がります。

同じように、ビジネスというのはどんなものでも、大変です。

「楽して稼ぎたい」と考えている人ほど騙される。

これをしっかりと理解して欲しいと思います。

ネットでの購入にクーリングオフは基本的に存在しない

インターネットビジネスの厄介なところは、クーリングオフ制度が使えないことです。

クーリングオフ制度は、訪問販売など相手から積極的に営業をかけられ、断れない状況での販売に限られる法律です。

インターネットでの商品の購入は、自分の意志でクリックをしなければ購入することは出来ません。

そのため、クーリングオフ制度が使えないのです。

警察に相談してもお金は返ってこない

詐欺にあったとしても、警察に相談してお金が返ってくる事は無いと考えるべきでしょう。

警察は、基本的に「民事不介入」です。

そのため、お金のやり取りでのトラブルには介入してくれない決まりになっています。

仮に、詐欺を立証することが出来たとしても、運営会社の人を逮捕することが出来ても、それが返金に繋がるケースは非常に稀でしょう。

そのために時間と労力を使うくらいであれば、きちんと稼ぐ準備をする方が効率的と言えるでしょう。

副業詐欺にあわないために!まとめ

今回は、副業詐欺についてお話してきました。

非常に沢山の人が副業詐欺にあっていると思いますが、その原因は必ずしも詐欺会社にあるとは限りません。

前述したように「楽して稼ぎたい」という気持ちが原因になっている部分も否定できません。

実際に私が詐欺にあった時にも、そういった気持がありました。

加えて、私の友達が一枚噛んでいたので、大丈夫と思ってしまったのが間違いでした。

今では、そういった商材に引っかかることはありませんし、きちんと収入を作る方法も確立できています。

しかし、騙されたときのお金と時間は未だに勿体ないと思っています。

ですので、是非しっかりとこの記事を読んでもらって、詐欺にあわないようにして欲しいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました