成田式クラウドファンディング(オンラインマイクロ商社プロジェクト)という副業は詐欺?リスクがないって本当?

成田式クラウドファンディング(オンラインマイクロ商社プロジェクト)という副業は詐欺?リスクがないって本当? インターネットビジネス
成田式クラウドファンディング(オンラインマイクロ商社プロジェクト)という副業は詐欺?リスクがないって本当?

現在、副業が非常に話題になっていますが、本当に稼げる副業というのは非常に少ないです。

特にインターネットビジネスの業界は、その殆どが詐欺商材と言われており、しっかりと稼いでいる人は少数派です。

そんな中で今回は、「成田式クラウドファンディング」という副業について見ていきましょう。

クラウドファンディングを利用した新しい物販の手法ということですが、稼げるものなのでしょうか。

成田式クラウドファンディングとは

では、この成田式クラウドファンディングという副業はどのようなものなのでしょうか。

ビジネスモデルは物販

この成田式クラウドファンディングは、ビジネスモデルとしては物販を行うもののようです。

物販とは、商品を仕入れて販売するようなビジネスモデルで、多くの副業実践者が挑戦しているビジネスモデルでもあります。

初期費用が少なくて済むことや、リスクが小さいこと、初心者でも結果が出やすいビジネスであることから、副業として非常にスタンダードなものになっています。

クラウドファンディングとは

ここで、少しだけ今回の案件に関連してくる「クラウドファンディング」について説明します。

クラウドファンディングとは、資金を集める方法の一つとして、現在注目されているものです。

例えば、「〇〇という商品を作りたい」と考えている人に対して、その理念や商品に好感を持ち、出資したいと考えた人がお金を出す仕組みです。

株式投資などの方法に似ているようにも感じますが、このクラウドファンディングの見返りは、成功した時にお金以外の形で返すという仕組みになっています。

例えば、カフェを出したくてクラウドファンディングで資金を集めた時に、無料チケットやカフェのオリジナルグッズなどを提供するというものです。

株式投資は基本的に配当や、値上がりによる利益を目的に購入しますが、クラウドファンディングは成功しても元金などは返却する必要がありません。

返すものも、単純に商品券のようなものから、人によっては感謝の手紙を出すだけなどのように、参加者はお金が目的で参加しているのではなく、新しい商品やサービスが出てくることや、開発者の思いを買って出資するといった仕組みです。

仮に、本当にこのクラウドファンディングで資金を集めて物販をやるのであれば、仕入れの費用がかかりませんし、売れるとわかっている物を開発することが可能です。

そのため、今回の成田式クラウドファンディングも、目の付け所自体は良いのではないかと思います。

1ヶ月で1000万円以上売れる?

この成田式クラウドファンディングは、実績として1ヶ月で1000万円以上の売上を上げることも可能だということです。

本当の実績はわかりませんが、参加者の中にはクラウドファンディングで数百万円の資金調達に成功した人の事例が載せられています。

成田式クラウドファンディングの会社情報

では、この成田式クラウドファンディングの会社情報はどの様になっているのでしょうか。

特定商取引法に基づく表記を見てみましょう。

最終的にはお客様のご判断でビジネスを行ってください。

販売者名
S&Cパートナーズ合同会社

所在地
〒120-0035 東京都足立区千住中居町28-7
萬国ステイタスビル 2F

商品に関する連絡先
info@narita-ko.com

メールアドレス
info@narita-ko.com

商品の引渡し時期
申込み完了後に届くメールに記載されているURLよりお受け取りください。

表現、及び商品に関する注意書き
本商品に示された表現や再現性には個人差があり、
必ずしも利益や効果を保証したものではございません。

この様になっています。

事務所の場所の「萬国ステイタスビル 2F」は、調べてみると普通の2DKのマンションです。

本当にしっかりとした会社であれば、オフィス用の物件を借りているでしょうから、かなり不安があります。

更に、特定商取引法に基づく表記の中に必ず入れる必要のある電話番号が記載されていません。

本来法律違反ですし、こういった業者は突然連絡が取れなくなるなどのトラブルの危険性があります。

私が成田式クラウドファンディングをおすすめしない理由

実際に色々と公式サイトを見てきましたが、個人的にこの成田式クラウドファンディングはおすすめできません。

その理由を挙げていきたいと思います。

成田光は偽名の可能性が高い

実は、今回の運営責任者である成田光という人物ですが、個人的に偽名である可能性が高いと思っています。

その理由は、この成田式クラウドファンディングという商材は、下記の画像の様に、ページタイトルが
「オンラインマイクロ商社プロジェクトLP」
というページ名になっています。

成田式クラウドファンディング

成田式クラウドファンディング

これについて調べてみた所、次のようなpdfにたどり着きました。

上記の画像を見てもらったらわかるように、このオンラインマイクロ商社プロジェクトでは、同じ人物が田中光一という名前を語って同じ内容を公開しています。

つまり、どちらかもしくは両方が偽名の可能性が高いのです。

そういった商材が本当にきちんとしたものである可能性は非常に低いです。

クラウドファンディングは非常に難しい

確かに、世の中にはクラウドファンディングで多額の資金を集めた人も大勢います。

キングコングの西野さんなどは、非常に有名でしょう。

しかし、このクラウドファンディングは、誰でも稼げるものかというと、そうではありません。

しっかりとした理念を持っていることが前提ですし、今の世の中にはない物を作る必要があります。

そういった方法が副業で誰でも出来るはずが無いのです。

公式サイト上の実績に関しても、個人的には成田式クラウドファンディングの参加者ではなく、適当に金額の大きなクラウドファンディングの画像を勝手に使用しているのではないかと思っています。

生徒である証拠が無いのです。

コピペで稼げる時代は既に終わっている

一昔前は、コピペで稼げる時代もありました。

しかし、どんどんと競争が激化していますし、Googleを始め、色々なところでそういった質の悪い業者が排除される様な時代になっています。

そのため、この成田式クラウドファンディングであっても、コピペで稼げる可能性は非常に低いと考えられます。

成田式クラウドファンディングまとめ

今回は、成田式クラウドファンディングという副業について見てきました。

内容的には、一見面白そうに見えたものの、詳細を見ていくと偽名を使っている可能性が高いなどの不信感に始まり、実績も確証が無いなどがありますので、個人的には全くおすすめできない内容になっています。

個人的におすすめなのはアフィリエイトです。

きちんと実践すれば、安定した収益を得ることもできますし、集客自体が学べるので、どの様なビジネスをするにしても必要な能力になります。

ですので、是非こういった危険な商材に挑戦するのではなく、地に足のついた方法で実践して欲しいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました