無在庫物販のやり方とメリット・デメリット・リスクを解説

無在庫物販のやり方とメリット・デメリット・リスクを解説 物販/転売
無在庫物販のやり方とメリット・デメリット・リスクを解説

副業を探している人は多いと思いますが、
「無在庫物販」
という方法を聞いたことがあるでしょうか。

無在庫物販は、リスクが低い副業として、多くの人が押し出していますが、具体的にはどのようなやり方で、そのメリットやデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

無在庫物販のやり方

無在庫物販は、その名前の通り
「在庫を持たない物販」
です。

物販は結果が出やすい副業として多くの人が挑戦していると思いますが、大きなリスクとして「在庫が売れ残る」という事が考えられます。

この在庫リスクを取り除いたのが無在庫物販と言えるでしょう。

具体的なやり方の手順を説明しましょう。

複数のモールで価格差をリサーチ

商品の価格帯は、モールによって異なってきます。

例えば、同じ商品でもアマゾンでは1万円で、ヤフーショッピングでは1万3000円、楽天市場では1万2000円等です。

このモールの価格差を利用して稼ぐのが無在庫物販の一般的な方法になります。

どのような商品でも、相場を大きく外れると売れません。

そのため、そのモールごとの相場を比較します。

例えば、今流行の「鬼滅の刃」。

人気キャラの禰豆子のフィギュアがメルカリとアマゾンにて販売されています。

メルカリでは14800円、アマゾンでは15800円で販売されていますが、調べてみるとアマゾンでは元々9800円で販売していたようです。

しかし、非常に人気があるためこの金額まで値上がりしています。

もしもこの商品をアマゾンが再入荷したら、恐らく9800円で再販されます。

その時にメルカリで14000円前後で販売することが出来れば、利益が出るでしょう。

このように、商品リサーチをしていきます。

商品の出品

次に、リサーチした商品を実際に販売モールに出品します。

先程の例では、メルカリに販売する事になります(後述しますが、メルカリは無在庫物販禁止です)。

そのため、メルカリで商品説明文や画像(今回の場合はアマゾンの画像を取ってくるのが一般的な方法です。それは、メーカーが用意している公式な画像が多いからです。)を載せて公開します。

商品が売れるまで待つ

出品した商品が売れるまでは、特にすることはありません。

次の商品をリサーチしていきます。

売れたら販売元で購入

その後商品が売れれば、アマゾンで購入して、配送先をメルカリの購入者住所にして決済します。

そうすることで、お客さんの元には商品が届き、お金はメルカリから受け取れるようになります。

これが一般的な無在庫物販の流れになります。

無在庫物販のメリット

では、この無在庫物販にはどのようなメリットが有るのでしょうか。

在庫リスクがない

前述したように、物販で最も大きなリスクである「在庫」がありません。

そのため、リサーチが下手な人でも、数撃ちゃ当たるの感覚で、低リスクな運用が可能になります。

間口を広く持てる

ネットでの販売は、基本的に商品数が多いほどチャンスが多くなります。

1商品だけを販売しているよりも、100商品販売している方が、商品をお客さんに見つけてもらえる可能性が高くなります。

しかし、在庫を持つ通常の物販では、それだけ多くの商品数を集めるのは困難です。

その点で無在庫物販であれば、そのチャンスをつかみやすいというメリットが有るのです。

薄利多売でも勝負できる

無在庫物販は、有在庫の物販に比べても、利益率が低くても勝負できます。

在庫を持つ場合には、売れ残りはそのまま赤字になります。

ですので、利益率がある程度高くないと非常にリスクが高くなるのです。

しかし、売れ残りのない無在庫物販であれば、早く売るために価格を下げ、薄利多売にしても利益が残りやすいというメリットがあります。

無在庫物販のデメリット

反対にデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

お客さんからの不信感が大きい

先程説明したアマゾンとメルカリの無在庫物販ですが、実際に多くの人がやっていました。

しかし、ユーザーとしては
「購入したはずのないアマゾンの箱で、メルカリで買ったはずの商品が届く」という状況になります。

そのため、怪しいと思われて当然です。

これが実際に問題になったため、現在メルカリでは規約が変わって、無在庫物販をしているアカウントは停止処分になるため、できなくなってしまいました。

アカウント停止はかなり多くのモールで行われている

メルカリのアカウント停止を皮切りに、多くのモールで無在庫物販自体を禁止する動きが見られます。

楽天市場やヤフーショッピングでも、無在庫物販の疑いがあれば、仕入れの証明が必要な場合がありますし、実際にお客さんからクレームが入れば、アカウント停止対象になります。

基本的に物販系のビジネスは、アカウントの評価が非常に大切です。

多くの良い評価をもらっている店からしか買わない人も多く、評価数の高いアカウントはそれだけ価値があります。

しかし、アカウントが停止されてしまうと、また1から評価を集める必要が出てきます。

最悪の場合、そのモールでは永久的に販売が行えないケースもあるでしょう。

このように、長期的に無在庫物販を行うのは難しいのが現状です。

商品の価格変動で赤字が出るケースも

リサーチした段階では価格差があったとしても、出品してから商品が売れるまでの期間に仕入元の価格が高騰することが多々あります。

例えば、先程例に挙げたフィギュアも、アマゾンが9800円だったことを考えると、かなり金額が上がっていますよね?

リサーチした段階では稼げると思って出品したのに、いざ売れた時にはアマゾンも高騰してしまって、仕入れると赤字になる・・・という事がありえます。

そういったケースでは、お客さんに売り切れた事を伝えてキャンセルしてもらうのが一般的な方法ですが、場合によってはお客さんからの印象が悪くなるため、あまり良い方法とは言えないでしょう。

価格の変更は難しい

商品点数が、無在庫物販の場合非常に多くなります。

仕入れ費がかからない以上、出来るだけ多くの商品を扱うのがポイントになります。

しかし、その反面商品点数が多すぎて、価格改定が行えないというデメリットもあります。

無在庫物販が認められているのはBUYMAくらい

ネットショップの中でも、無在庫物販が認められているのは、現状BUYMAくらいでしょう。

BUYMAは、ブランド物をメインに扱うサイトで、お客さんからのオーダーが入ってから、バイヤーが現地買い付けに行く・・・という流れのショップですので、無在庫物販が可能です。

それ以外のところでは、黙認されている可能性はありますが、場合によってはいきなり禁止されるかもしれませんので、かなりリスクが高いと言えるでしょう。

副業でおすすめなのはアフィリエイト

個人的には、無在庫物販はおすすめできません。

お客さんからの信用を失うような手法ですし、実践している人自身も罪悪感があるようです。

長期的に見ると、どこのモールも規制をかける可能性がありますし、あまり良い手法とは言えないでしょう。

個人的におすすめなのはアフィリエイトです。

在庫リスクはもちろん無いですが、資産として徐々に積み重なるような副業のため、時間をかければ誰にだって成功できるチャンスがあります。

是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました