物販ビジネスが儲からないのはなぜ?どうすれば副業でも稼げるようになるのか

物販ビジネスが儲からないのはなぜ?どうすれば副業でも稼げるようになるのか 物販/転売
物販ビジネスが儲からないのはなぜ?どうすれば副業でも稼げるようになるのか

「物販ビジネスは儲からない」

そう考えている人も多いと思います。

現在、多くの副業が存在しますが、その中でも物販ビジネスは非常に多くの人が挑戦している副業の1つです。

この物販ビジネスでは、スタートした初日に利益が出る可能性があることや、自宅の不用品を販売することで、実質0円で利益を出せるという事から、副業の代表格となっていますが、稼げない人もいます。

では、どうして物販ビジネスが儲からないと言われているのでしょうか。

また、どうすれば物販ビジネスで稼げる様になるのでしょうか。

今回はそういったお話をしたいと思います。

物販ビジネスが儲からないのはなぜ?

では、なぜ物販ビジネスが儲からないと言われているのでしょうか。

在庫リスクがあるから

最も大きな理由は、在庫のリスクがあるからです。

基本的に物販は商品を仕入れて販売する形になります。

そのため、在庫を抱えるわけですが、この在庫が売れないと自分の所にお金が入ってきません。

例えば、1つの商品を5000円で仕入れて1万円で売るとします。

1つ売れれば利益も5000円ですが、仮にこれを100個仕入れたとします。

仕入れ値は50万円になります。

仮にこの商品が50個売れたとします。

そうすると、売上は50万円になりますので、そのタイミングで自分の手元には

現金:0円
在庫:売上で50万円分

という状況になります。

つまり、自分で使えるお金は51個目以降を販売した分ということになります。

49個しか売れなかったとすると、現金的には1万円の赤字が出ます。

このように、在庫を抱えるというのは非常に大きなリスクがあるのです。

利益率が低いから

次に、物販ビジネスというのは、利益率が低いという特徴があります。

自分で商品を生み出しているわけではなく、どこにでもある商品を仕入れてきて販売する訳ですから、それほど大きな金額を付けるわけにもいきません。

更に、世の中には相場というものが存在しますので、その相場から大きく外れるとお客さんに買ってもらえないのが現状です。

価格競争が起きやすいから

先程もお話しましたが、どこにでもある商品を仕入れてきて販売するので、自分が仕入れられるものは、他の人も仕入れることが出来ます。

多くの人が物販を始めているということは、ライバルがその分多いということになりますので、同じ商品を多くのライバルが扱えば、価格競争が起きやすいです。

特に旬があるような商品は、一気に捌いてしまわなければ、在庫になるリスクがあるので、わざと価格競争を仕掛ける業者がたくさんいます。

その結果、利益率が下がってくるというのがデメリットです。

売れる商品は真似されるから

最近は、どのようなモールでも「人気商品ランキング」のようなものがあります。

特にアマゾンではかなり利用されており、ユーザーとしては人気商品がわかるので良いのですが、販売者側からすると、ランキングに自分の商品が乗ると、売れやすくなる反面、ライバルに商品を真似される恐れがあります。

真似されて販売者が増えれば、前項同様に、価格競争の原因となりますので、稼げなくなるのです。

集客力の強いモールほど手数料が非常に高い

物販ビジネスを行う上で、モールを利用するのは、その集客力が強いからです。

常時数千人・数万人という人が閲覧するモールで自分の商品を販売することにはメリットも大きいですが、手数料が非常に高いです。

場合によっては2割以上を取られるケースもあります。

そのため、利益が出にくくなるので、儲からないのです。

どうすれば物販ビジネスで稼げる様になるのか

では、物販ビジネスは止めるべきなのでしょうか?

稼げる様になるにはどうすれば良いのでしょうか?

顧客リストは最も重要

最も重要なのは、顧客リストを集めることです。

これはどのような業界でも同じだと思いますが、特に物販ビジネスでは
「いつ、誰が、何を購入したのか」
のデータは重要です。

この顧客リストをしっかりと管理していくのがポイントです。

リピート施策を打てるかがポイント

次に、前項の顧客リストに対して、どのようにリピーターを作れるかが大切です。

物販ビジネスでは、リピーターを作らなければ長期的な成功はありません。

そのため、物販ビジネスを行う上で
「どうすれば次商品を購入してもらえるか」
を常に考えておきましょう。

仕入れ値を下げられるような工夫や人脈を作る

利益率を上げるためには、仕入れ値を安くするか、高い値段で販売するかが重要です。

そのため、仕入れ値を下げられるような努力が必要です。

一括で多くの商品を購入することで、単価を安くするように交渉したり、自分で仕入れルートを開拓するのが長期的に見た時に非常に重要になります。

専門家としてのポジションを確立する

物販ビジネスの理想は
「あなたから買いたい」
と思ってもらう事です。

いわゆるファン化が行えれば、多少値段が高くても購入してもらえる可能性が出てきます。

ファンになってもらえる理由は様々だと思いますが、

  • 梱包が丁寧
  • 発送が早い
  • アフターフォローがしっかりしている

など、様々な理由があります。

その方法の1つとして、あなたが専門家としての地位を確立することで、
「この人に聞けば、〇〇の事は大体分かる」
とお客さんに思ってもらえる事です。

そうすれば、自然とあなたの所から商品を購入しようと思う人は増えてくるでしょう。

物販ビジネスをサポートできるのも、アフィリエイト

私自身はアフィリエイトをおすすめしていますが、物販ビジネス自体はやったことがあります。

あまり旨味がなかったのでアフィリエイトに移行したわけですが、もしもアフィリエイトの能力や知識がある状態で物販を始めれば、もっとスムーズに稼げたと感じています。

例えば、自分のサイトで商品を紹介し、検索から自分のアマゾンやメルカリの商品ページにリンクを飛ばしたり、反響が多い場合には自社サイトのような形で物販ビジネスを展開したり。

最近はBASEなどの簡単に無料でネットショップを作れる機能もありますが、それを検索から見つけてもらうためにも、アフィリエイトでSEOの知識を付けるのが最も早いです。

このように、物販ビジネスをサポートできるのもアフィリエイトですし、アフィリエイト単体で稼ぐことも十分に可能です。

そのため、物販ビジネスを続けるか否かに関わらず、一度アフィリエイトに挑戦して見るのが良いのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました