検索上位のやり方!ブラックハットSEOとホワイトハットSEO

「検索で自分のサイトを上位表示したい」

現在、ネットでの検索は集客としても非常に大きなメリットがありますので、自分のサイトを検索上位に上げる事が非常に重要と言えます。

しかし、そんな検索上位表示方法も、間違えば一気に検索されなくなるというのをご存知ですか?

今回は、SEOの基本である

  • ブラックハットSEO
  • ホワイトハットSEO

この2つについて説明していきたいと思います。

ブラックハットSEOとホワイトハットSEOの違い

ブラックハットSEOとホワイトハットSEOは、どちらもSEOという言葉はついていますが、どちらもサイトを検索上位にするための方法になります。

しかし、この2つは性質が全く逆で、簡単に説明すると

ブラックハットSEO:Googleの表示順ロジックを逆手に取ってテクニック的に検索順位を上げる方法
ホワイトハットSEO:純粋にユーザーの利便性や価値のあるコンテンツの追求をする方法

になります。

一見すると、ブラックハットSEOの方が短期的に結果が出るようにも感じるでしょうが、

「ブラックハットSEOは絶対にやってはいけません」

理由は簡単で、ブラックハットSEOは長期的に見た時にGoogleの検索結果から弾かれる可能性が高いからです。

一昔前はブラックハットSEOが流行していた

今ほど規制が厳しくなかった時代のGoogleでは、このブラックハットSEOというものが使われたサイトを良く見かけました。

例えば、サイト内に、同じキーワードが「アフィリエイトアフィリエイト・・・」のように連続して書かれているサイト。

これは、当時はサイト内に多く出現するキーワードは、それだけ記事にとって重要なキーワードのため、上位に表示すると考えられていたからです。

実際、そういったサイトも見たことがあります。

他にも、背景色が白いサイトで、文字を白くして同じ様に単語を羅列する。

そうするとユーザーからは見えませんが、Googleのクローラーからは重要なキーワードと判断されていました。

他にも、「他サイトからの被リンクが多ければ信用のあるサイト」という基準があった事から、多量のゴミサイトを量産して、そのサイトから本サイトへ被リンクを作るという方法や、内容の薄いコンテンツ・コピーコンテンツを量産してサイトのページ数を増やすといった方法まで、非常に幅広い手法がありました。

最終的にブラックハットSEOは徐々に消されている

現在そういったサイトを見かけることは少ないかと思いますが、それはGoogleが
「そういったサイトには価値がない」
として、検索結果に表示されないように表示ロジックを変更してきたからです。

そのため、私達ユーザーにとっては、悪質なサイトや質の低いサイトが徐々に排除されていっているのです。

知らずにブラックハットSEOをしているケースも

ただし、Googleは非常に早い速度で検索結果の表示ロジックを修正しています。

結果として、悪意のないサイトでも、ロジック的にブラックハットSEOに近いものだった場合、いきなり検索外になってしまうケースもあります。

SEOの基本はホワイトハットSEO

私は、ライターとアフィリエイトを通して、たくさんの文章を書いてきましたが、全てホワイトハットSEOによるSEO対策だけをしてきています。

その理由は、長期的に見た時に必ず検索上位に上がってくるからです。

Googleの理念としては、
「ユーザーに最大の価値を提供する」
ということを一貫しています。

そのため、前述のようなブラックハットSEOが徐々に排除されているわけですが、あくまでの検索結果というのはGoogleの腹一つで決まります。

Googleの理念に反するようなサイトが繁栄するはずが無いのです。

それを考えても、ブラックハットSEOは絶対に目指すべきではなく、ホワイトハットSEOのみで検索上位を目指すべきなのです。

ホワイトハットSEOは難しくない

また、ホワイトハットSEOを使用するメリットとして、ホワイトハットSEO自体は非常にシンプルで簡単だという事です。

ブラックハットSEOの場合は、色々なテクニックや分析が必要になりますが、ホワイトハットSEOの場合は、単純に「ユーザー目線」で考えれば良いだけです。

ユーザー目線で見た時に、内容の薄い記事は嫌ですし、周りくどい説明も嫌です。

画像や図で説明した方がわかりやすい部分もありますし、表示速度が遅いのも嫌です。

この様に、ユーザーの事を考えることこそがホワイトハットSEOであり、検索上位表示を目指す上で最も大切なことなのです。

ブラックハットSEO・ホワイトハットSEOまとめ

今回は、ブラックハットSEOとホワイトハットSEOについて見てきました。

SEOと聞くと難しい印象を受ける人も多いと思いますが、最終的には
「ユーザーにとって価値のある情報を提供する」ということに尽きるのです。

そのため、最低限のhtml知識があれば大丈夫ですし、それよりも提供するコンテンツ自体の良さを追求するべきなのです。

是非、この記事を参考にして頂き、価値のあるコンテンツを提供し続けて欲しいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました