旅行をして稼ぐ事も可能?WEBライターという働き方

旅行をして稼ぐ事も可能?WEBライターという働き方 その他の副業
旅行をして稼ぐ事も可能?WEBライターという働き方

多くの人が副業に挑戦していますが、副業の選び方は人によって違うと思います。

収入を重視する人や、自己成長をメインに考える人。

その人が大切だと思っている事によって副業の選択が変わってきます。

そんな中で、多くの人が希望するのが
「旅行をしながら稼げないか」という事です。

旅行が好きな人は多いですが、サラリーマンとして働いていると、給料をもらうためには毎日会社に行く必要があります。

リモートワークが徐々に進んでいるとは言っても、殆どの企業では会社に行くことが必須の日本。

有給休暇の取得率も良くない日本では、長期の旅行など不可能。

そのため、もしも旅をしながら仕事が出来れば・・・なんて考える人がいても不思議ではありません。

今回は、そんな人のためにWEBライターという働き方についてお話したいと思います。

WEBライターとは

ライターと聞くと
「雑誌などに文章を書く人?」
などと考える人が多いでしょう。

それもライターと言いますが(というより、そっちが本来のメジャーなライター)、WEBライターとはネット上に文章を書いて収入を得る人です。

最近はどんな企業でもホームページやブログを持っていますが、サイトを更新しなければ、集客の効果が薄れてしまいます。

そのため、定期的に文章を書く必要があり、そういった仕事を受け持つなどの仕事をしているのがWEBライターです。

WEBライターになれば旅行しながらでも稼げる

WEBライターとして働くことの大きなメリットは、
「時間と場所にとらわれない」
という事です。

個人的にもWEBライターとして長い期間働いていますが、基本的には作業場所は自宅もしくは、カフェになります。

取引先とのやり取りもメールやチャットですので、人に会うこともなく、自由に文章を書いています。

また、私自身はパソコンを持ち歩いていることも多いですが、ブルートゥースのキーボードを購入し、スマホに連携させる事で、スマホから文章を打っている事もあります。

これであれば、荷物は最小限ですみますので、より自由に動くことが出来ます。

そのため、WEBライターとして収入が作れるようになると、旅行をしながら、旅先で仕事が出来るようになります。

私自身のライターとしての最大月収は50万円ほどですので、長期の旅行を楽しみながら、サラリーマン程度の収入を作ることも可能でしょう。

旅費が経費になる

更にWEBライターのメリットとしては、旅行自体が経費として落とせるという点です。

旅行の内容を記事にしたり、経験が記事に活きるのであれば、それは仕事の一環として捉えることが出来ます。

そのため、旅費を経費で落とすことができますので、金銭的にもお得です。

どうすればWEBライターになれるのか

では、どのようにすればWEBライターになれるのか。

宣言してしまえば、今日からでもスタートできます。

詳しくは、こちらの記事で記載していますので、こちらの記事を参考に、ポータルサイトなどに登録後自分に合った仕事を見つけてみましょう。

副業でランサーズって稼げるの?特徴やメリット・デメリットなどを紹介!
ランサーズというポータルサイトが存在しますが、WEBデザイナーやライターが副業もしくは本業で使っている人も多く、様々な依頼が存在します。安全に副業をするための方法の一つとしてご紹介していきます。

旅行そのものを仕事にするならトラベルライター

その他にも、旅行そのものの記事を書くライターを一般的に「トラベルライター」と呼んだりします。

旅行の情報を集めるポータルサイトで求人されていたりするので、条件に合うようであれば登録してみても良いでしょう。

こちらの記事で詳細を記載しています。

旅をしながら稼ぐ?トラベルライターという副業となり方やコツ!収入はどのくらい?
旅行が好きな人にピッタリの職業「トラベルライター」そのなり方や収入の目安、どのようにすれば大きな収入を得ながらトラベルライターをすることができるのかなどを解説していきます。

個人的に最推しはアフィリエイト

ライターという仕事をこなしていくと、良質な記事をかけるようになります。

最終的にその技術を使って、自分のサイトを作っていくのがおすすめです。

WEBライターはどうしても、自分が書いた分だけが収入になります。

そのため、安定的に仕事の依頼を探さなければいけなかったり、常に文章を書いている必要があります。

アフィリエイトであれば、自分のサイトに一度記事を投稿すると、それが自動的に稼いでくれるようになるため、ライターに比べると時間の自由が得られる可能性が高いです。

そのため、最初はライターとしてスタートした人も、徐々に自分のライティングスキルを磨いて、自分のメディアを持つことをおすすめします。

旅行しながら稼ぐまとめ

今回は、旅行をしながら稼ぐための方法をお話してきました。

お客さんと直接やり取りをするようなビジネスの場合には、相手との時間調整などが必要になりますが、ライターであれば、仕事を完全にオンライン上だけで行うことが出来ます。

私自身も、よほどのことがなければライターとしての仕事では、お客さんに会うことはありません。

そのため、時間的な自由はサラリーマンに比べてかなりあります。

是非旅行をしながらでも稼げるような仕組みを作り上げて欲しいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました